loading

HUKLA HUKLA

MAINTENANCE GUIDE製品の取り扱い方法

日頃から清潔に保ち、
大事にお使いいただくことが、
家具を長持ちさせる秘訣です。

FABRIC SOFAファブリックソファ

  • FABRIC SOFA ファブリックソファFABRIC SOFA ファブリックソファ
  • 日常的なお手入れ日常的なお手入れ

日常的なお手入れ

掃除機(弱)や軟らかいブラシを使って、ホコリを取り除いてください。

掃除機やブラシで取り除けない汚れ

  • 1お菓子の食べこぼしや水分を含んだペースト状の調味料等は、あらかじめスプーンなどで取り除きます。
  • 2ペーパータオルでポンポンと叩きながら、水分を拭き取ります。
  • 3中性洗剤をうすめた水にタオルを浸し、かたく絞ったら、やさしくポンポンと叩きます。
  • 1掃除機やブラシで取り除けない汚れ
  • 2掃除機やブラシで取り除けない汚れ
  • 3掃除機やブラシで取り除けない汚れ
POINT
  • ある程度の汚れを取り除いて洗ったほうがシミになりにくいので、まずは①~③の処置を行いましょう。
  • どちらの手順でも、こすると本体に染み込んでしまうので「叩きながら拭く」のが大切です。
  • サラダ油や油性ボールペンなどの油汚れが付いた場合には、なるべくはやくクリーニング専門店でのご相談をお勧めします。
  • ①~③で汚れが落ちなかった場合は、ドライクリーニング可能なものはクリーニング専門店へ、水洗いが可能なものについては手洗いをお勧めしております。
  • ただし、頻繁に水洗いを行われますと、毛抜けの原因となりますのでご注意ください。

HUKLAでは、簡単に汚れを落とすことができる機能付きの製品もございます。
詳しくはこちらをご覧ください。

LEATHER SOFAレザーソファ

  • LEATHER SOFA レザーソファLEATHER SOFA レザーソファ
  • 日常的なお手入れ日常的なお手入れ
  • 日常的なお手入れ日常的なお手入れ

日常的なお手入れ

柔らかい天然素材の布(綿100%など)を使用してください。

布が乾いた状態で、革の表面を傷つけないように軽く拭きます。

※傷つける恐れがあるため、化学ぞうきんは使用しないで下さい。

掃除機(弱)や軟らかいブラシなどを使って、ホコリなどを取り除いてください。

  • 日常的なお手入れ日常的なお手入れ

掃除機(弱)や軟らかいブラシなどを使って、ホコリなどを取り除いてください。

飲み物や食べ物の汚れ

  • 1ぬるめのお湯で薄めた中性洗剤を布に含ませ、叩くように汚れを落とします。
  • 2かたく絞った蒸しタオルで洗剤をよく拭き取り、乾拭きします。
    このとき、吸水性のある布でやさしく拭き取ることがポイントです。
  • 3なるべく風通しのよい日陰で乾かします。
  • 1飲み物や食べ物の汚れ
  • 2飲み物や食べ物の汚れ
  • 3飲み物や食べ物の汚れ飲み物や食べ物の汚れ
  • 乾かす際にドライヤーを使用すると、熱で革が変形する可能性がありますので、使用はお控えください。
  • 直射日光のあたる場所、エアコンやヒーターが直接あたる場所にソファ置くと、劣化の原因になりますので避けてください。

FENIX NTM®ダイニングやリビングテーブルの
天板(FENIX NTM®)

  • FENIX NTM® ダイニングやリビングテーブルの天板(FENIX NTM®)FENIX NTM® ダイニングやリビングテーブルの天板(FENIX NTM®)
  • FENIX NTM® ダイニングやリビングテーブルの天板(FENIX NTM®)

FENIX NTM®は指紋や熱による汚れや摩擦・摩耗にも強く、ソフトな質感とマットな色合いを備えていることが特長の素材です。

適切なお手入れを行うことで、美しい質感をより永く楽しむことができます。

  • 日常的なお手入れ日常的なお手入れ

日常的なお手入れ

FENIX NTM®の日常的なお手入れは、水拭きまたは中性洗剤でふき取るだけでOK。

抗菌・防カビ性に加え、水拭きはもちろん、アルコールによる変質の心配も少なく、衛生的に保つことができます。

しつこい汚れ

  • 1乾いたふきんなどで、食べこぼしや汚れを取り除きます。
  • 2中性洗剤を吹き付けます。
  • 3汚れや洗剤が残らないように、ぬるま湯や水を吹き付け、マイクロファイバー等の清潔な布でふき取ります。

※ FENIX NTM®は丈夫な素材なので、家庭用中性洗剤で落ちないようなペンやマニュキュア等の汚れにはアセトンがお薦めです。

  • 1しつこい汚れ
  • 2しつこい汚れ
  • 3しつこい汚れ

表面についた微細な傷のお手入れ

もともとキズがつきにくい素材ではありますが、もし食器の擦れ等により細かな傷がついてしまった場合は、摩擦熱による修復が可能です。

  • 1乾いている、または少し湿らせたメラミンスポンジを用意します。
  • 2メラミンスポンジで微細な傷がある表面をこすります。
  • 表面についた微細な傷のお手入れ
FENIX NTM® ダイニングやリビングテーブルの天板(FENIX NTM®)
  • icoFENIX NTM®を傷めてしまうため、タワシや硬いブラシ、やすり、研磨剤の入ったクリームでこすらないようにしてください。
  • ico直射日光のあたる場所、エアコンやヒーターが直接あたる場所にソファ置くと、劣化の原因になりますので避けてください。

汚れ除去加工布地について

特殊加工により汚れが付きにくい布地です。
汚れが付着してしまった場合は、それぞれの方法で汚れを落とすことができます。

  • FB-620Xシリーズ

    糸への特殊加工により汚れがつきにくい

    コーヒー、ジャム等の食品やボールペン等による汚れを落とすことができます。
    水を含ませた柔らかい布でこすり、乾いた布もしくはキッチンペーパーで水分を吸い取ってください。

  • FB-580Xシリーズ

    特殊後加工により汚れが落としやすい

    赤ワイン、ラー油、ソース等の食品やマーカーペン、ボールペン等の汚れを落とすことができます。
    水を含ませた柔らかい布か歯ブラシ等でこすり、乾いた布もしくはキッチンペーパーで水分を吸い取ってください。
    油汚れ等の落ちにくい汚れの場合は、10倍に希釈した中性洗剤をつけてこすり、 水できれいに洗い流してください。
    こする際は生地目方向(タテヨコ)に優しくこすってください。

  • FF-200Xシリーズ

    ポリエステルとアクリルを組み合わせた糸により
    汚れが染み込みにくく落としやすい

    食品系汚れ(コーヒー、ワイン、ケチャップ、チョコレート、牛乳等)
    おしゃれ着洗剤を溶かしたぬるま湯を、柔らかい布もしくはスポンジに含ませてこすった後、水を含ませた柔らかい布もしくはスポンジで洗剤成分を落とすようにこすってください。その後、乾いた布で水分をふき取り、一晩かけて自然乾燥させてください。
    インク系汚れ(マーカーペン、ボールペン、口紅、マニキュア、靴クリーム等)
    汚れの周りをアセトンで囲んだ後、汚れ部分にもしみこませます。乾いた布もしくはキッチンペーパーを押し当てて汚れを取ってください。(汚れが落ちるまで繰り返してください)
    最後に水でよく洗い、乾いた布で水分をふき取り、一晩かけて自然乾燥させてください。アセトンがない場合はアセトン入りの除光液(無色透明)でも代用可能です。
    色の濃い物の色移り(ジーンズ等)
    食品汚れと同様の落とし方である程度の汚れを落とします。柔らかい布もしくはスポンジに塩素系漂白剤を10-20倍に薄めたものを含ませて汚れた部分をこすり、20分程置いた後、水でよく洗い流します。
    乾いた布で水分をふき取り、一晩かけて自然乾燥させてください。
    • ※ 汚れを落とす前に、取り除くことのできる汚れはスプーン等で除去してください。
    • ※ 汚れが付着してから時間が経過した場合や汚れの種類によっては、完全に取れない場合がございます。
    • ※ 薬品を使用する際はよく換気し、必ずゴム手袋を装着してください。
    • ※ カバーリング仕様の製品はカバーを外して清掃をしてください。